ウィッグ通販のインフォメーションサイト・minawig

ウィッグ通販のインフォメーションサイト・minawig

ウィッグに関するQ&A

襟足ウィッグを使用できる自毛の長さはどのくらい必要?

投稿日:

Q.襟足ウィッグやエクステなどで襟足の長さだけが欲しい!

と言う方にはこうしたポイントウィッグがおすすめなのですが、短い自毛だとうまく取り付けられないとの口コミが見られます。

では、これらのウィッグ、どの程度の自毛の長さが必要なんでしょう?

A.おおよそ肩までの長さが必要

襟足ウィッグを使用するには、肩くらいまでの長さが無いとうまく取り付けられない、との声が聞かれます。

実際にはショートヘアにも対応された襟足ウィッグもあるのですが、基本的にはこの程度の長さが必要、と考えた方が良いかと思います。

思い切り長い髪を付け足したい!

と言う方は、ハーフウィッグやフルウィッグの方がおすすめです。

それは、襟足ウィッグは取り付けた部分から自毛となじませる必要があり、それなりの自毛が無ければ取り付け部分が目立ってしまう可能性があるからです。

ハーフウィッグならトップのつむじまで隠れるくらいの深さがありますし、フルウィッグ同様にかぶるタイプなので、取り付け部分は襟足ウィッグよりは目立ちにくいです。

むしろ自毛が短い方は、思い切ってフルウィッグにしてしまうのもありかと思います。

ただ、ハーフウィッグの良いところは通気性が良いと言うところにあります。

フルウィッグは全部かぶるため、どうしても通気性においては半分出ているハーフウィッグよりも悪くなってしまいます。

ただ、品質の良いものを選べば通気性は格段に良いですし、夏場でもムレにくいと言うフルウィッグもあります。

襟足ウィッグを使用するならショートボブ以上の長さが必要、と言うわけですね。

基本的に少し長さを足したいと言うときに使用するポイントウィッグですので、自分の髪がそこまで長くない方はハーフウィッグかフルウィッグをチョイスすることをおすすめします!

その他のウィッグに関する疑問はこちらから♪

ウィッグに関するQ&A集

おすすめの記事

ウィッグの選び方のポイント!

ファッションウィッグは自然な見た目が大切!

ココカールグラデーション
コットンロングカール9936円

 

まるで人毛のような見た目で、一目ではウィッグと言うことがわかりにくいものほどおすすめです。高品質であればあるほど高価ですが、今のフルウィッグは5,000円以下でも質が良いものもたくさんあります!不自然なウィッグ特有のテカリ、つむじや生え際の自然さをチェックしましょう。医療対応の高品質なウィッグも取り扱っています!

アレンジしやすい耐熱ファイバーがおすすめ!

ウィッグに使用されている髪の毛の部分・人工毛は、耐熱と非耐熱のファイバーがあります。現在は、耐熱ファイバーがほとんどとなっていますが、たまに非耐熱であることもありますのでチェックしておきましょう。耐熱ならドライヤー、アイロン、コテなどでアレンジも自由自在!元々ゆるふわウィッグでも、アイロンで伸ばしてストレートとしても使用することだって可能です。

人工スキンで自然な生え際・つむじ

人工スキンが付いていないフルウィッグは、つむじの部分がどうしても不自然になってしまいます。また、それをカバーするために毛量が多くなっていますので、ウィッグ本体の重量が重く、通気性も悪いです。人工スキン付きなら不自然なボリュームも無く、軽量で通気性も良いため、長時間の使用の際にも適しています。

品質を求めるなら、迷うことなく日本製のファイバー!

ファイバー

中国製、韓国製、日本製と、ウィッグの人工毛は主に3種類。ディティールにこだわる方は、日本製のファイバーがおすすめです!ウィッグ特有のテカリを抑え、見た目は限りなく人毛に近い品質のファイバーが多いです。

ウィッグの選び方についての記事はこちら♪

-ウィッグに関するQ&A

Copyright© ウィッグ通販のインフォメーションサイト・minawig , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.