ウィッグ通販のインフォメーションサイト・minawig

ウィッグ通販のインフォメーションサイト・minawig

アレンジ ウィッグに関するQ&A

ウィッグをカットしたい!美容室でも加工をやってくれるの?

投稿日:

ウィッグのカット

ウィッグをお好みのスタイルにカットしたいと言う方も多くみられます。

自分でカットするのも良いかもしれませんが、ヘアスタイルと言うのは髪の流れを理解していないととんでもないことになりかねません。

髪の毛なら伸びてくればいいのですが、ウィッグは一度カットや加工をしてしまうともう元には戻せません。

自分でやるならくれぐれも慎重になさるようにしてください。

では、プロの手を借りることはできないのでしょうか?

美容室でもカットしてくれるところがある

ウィッグは根本的に髪の毛と材質が違うため、切りにくいと言う美容師もいます。

ただ、美容師のカットの練習はウィッグを使用します。

そのため、人工毛の取り扱いにはそれなりに慣れているかと思います。

しかし、ただウィッグを持って行ってカットしてもらうと言う流れではなく、実際に着用する予定のネットなども持っていくと良いかと思います。

実際にカットする際、自分でウィッグをかぶった状態で加工することになると思います。

それ以外だと、クランプに美容師用のウィッグの頭を取り付け、その上にかぶせた状態でカットする方も居るかもしれません。

頭の形によって微妙な誤差もありますので、自分でかぶった状態でカットしてもらうのがベストかと思います。

それゆえ、自分で加工するのが結構難しかったりします。

ウィッグスタンドを使って何とかカットしても良いかと思いますが、大抵はプロにお任せしたい、と思います。

ウィッグに関する質問集

おすすめの記事

ウィッグの選び方のポイント!

ファッションウィッグは自然な見た目が大切!

ココカールグラデーション
コットンロングカール9936円

 

まるで人毛のような見た目で、一目ではウィッグと言うことがわかりにくいものほどおすすめです。高品質であればあるほど高価ですが、今のフルウィッグは5,000円以下でも質が良いものもたくさんあります!不自然なウィッグ特有のテカリ、つむじや生え際の自然さをチェックしましょう。医療対応の高品質なウィッグも取り扱っています!

アレンジしやすい耐熱ファイバーがおすすめ!

ウィッグに使用されている髪の毛の部分・人工毛は、耐熱と非耐熱のファイバーがあります。現在は、耐熱ファイバーがほとんどとなっていますが、たまに非耐熱であることもありますのでチェックしておきましょう。耐熱ならドライヤー、アイロン、コテなどでアレンジも自由自在!元々ゆるふわウィッグでも、アイロンで伸ばしてストレートとしても使用することだって可能です。

人工スキンで自然な生え際・つむじ

人工スキンが付いていないフルウィッグは、つむじの部分がどうしても不自然になってしまいます。また、それをカバーするために毛量が多くなっていますので、ウィッグ本体の重量が重く、通気性も悪いです。人工スキン付きなら不自然なボリュームも無く、軽量で通気性も良いため、長時間の使用の際にも適しています。

品質を求めるなら、迷うことなく日本製のファイバー!

ファイバー

中国製、韓国製、日本製と、ウィッグの人工毛は主に3種類。ディティールにこだわる方は、日本製のファイバーがおすすめです!ウィッグ特有のテカリを抑え、見た目は限りなく人毛に近い品質のファイバーが多いです。

ウィッグの選び方についての記事はこちら♪

-アレンジ, ウィッグに関するQ&A

Copyright© ウィッグ通販のインフォメーションサイト・minawig , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.