ウィッグ通販のインフォメーションサイト・minawig

ウィッグ通販のインフォメーションサイト・minawig

アレンジ ウィッグに関するQ&A

ウィッグにヘアカラーを使用したらどうなるの?

投稿日:

市販でも美容室でも、ヘアカラーをする際に使用する薬剤は内容がほとんど同じです。

しいて言えば、市販の方がゆるくて広がりやすい反面、染まりにくい感じがします。

ですが、しっかりと均一に塗布すれば希望のカラーに近づけることができますので、塗布に自信がある方は市販のヘアカラーでも十分いけるのではないかと思います。

では、なぜ美容室のヘアカラーが市販と比較すると高額なのかと言うと、使用している薬剤ではなく、単に技術料です。

そりゃあプロが行ってくれますから、それなりに料金がかかると言うワケですね。

ボブでもブラックとアッシュでは印象が劇的に違う

クラッシックボブ7992
ヘルシーボブ7776

*画像はPRISILA(プリシラ)のフルウィッグです。

ヘアカラーは同じヘアスタイルでも見た目の印象やインパクトをガラリと変えることができます。

それはもうご存知かと思います。

ダークカラーの場合は清楚な印象を与えてくれますが、キンキンにするとギャルっぽくなりますよね?

レッド系にするとシャープで洗練された印象に、イエロー系にするとポップな印象に。

カラーによって色々なコーディネートを楽しむことができますし、女性のオシャレには絶対に欠かせないものだと思うんです。

ウィッグにヘアカラーを使ったらどうなる?

で、今お持ちのウィッグのカラーと自毛のカラーが合わなくなってきたから、どちらかの色を変えたい!

と言う方も居るのではないでしょうか?

自毛のカラーが気に入っているから、ウィッグを染めちゃえ!

って、市販のヘアカラーをウィッグに使うと…

当然ながら染めることはできません。

人毛と人工毛の違いもありますし、そもそもウィッグの毛はファイバーですので、染めるとなると工業的な知識が必要となります。

ゆえに、オシャレとはかなりかけ離れたことになってしまうワケですね。

このあたりは過去の記事にもしていますので、参考に。

ウィッグは染めることができるの?

フルウィッグならそれほど問題にならないかと思いますが、ポイントウィッグやハーフウィッグは自毛と馴染ませて使用するため、購入時のカラーチョイスは慎重に行う必要があります。

ウィッグをよく購入される方は、カラーチャートを持っておくと便利ですよね。

これはウィッグ通販で割と安価で購入することができますので、持っておくと良いかと思います。

市販のヘアカラーではウィッグは染まらないどころか逆に傷んでしまう可能性がありますので、やらないようにしましょう。

ウィッグの選び方のポイント!

ファッションウィッグは自然な見た目が大切!

ココカールグラデーション
コットンロングカール9936円

 

まるで人毛のような見た目で、一目ではウィッグと言うことがわかりにくいものほどおすすめです。高品質であればあるほど高価ですが、今のフルウィッグは5,000円以下でも質が良いものもたくさんあります!不自然なウィッグ特有のテカリ、つむじや生え際の自然さをチェックしましょう。医療対応の高品質なウィッグも取り扱っています!

アレンジしやすい耐熱ファイバーがおすすめ!

ウィッグに使用されている髪の毛の部分・人工毛は、耐熱と非耐熱のファイバーがあります。現在は、耐熱ファイバーがほとんどとなっていますが、たまに非耐熱であることもありますのでチェックしておきましょう。耐熱ならドライヤー、アイロン、コテなどでアレンジも自由自在!元々ゆるふわウィッグでも、アイロンで伸ばしてストレートとしても使用することだって可能です。

人工スキンで自然な生え際・つむじ

人工スキンが付いていないフルウィッグは、つむじの部分がどうしても不自然になってしまいます。また、それをカバーするために毛量が多くなっていますので、ウィッグ本体の重量が重く、通気性も悪いです。人工スキン付きなら不自然なボリュームも無く、軽量で通気性も良いため、長時間の使用の際にも適しています。

品質を求めるなら、迷うことなく日本製のファイバー!

ファイバー

中国製、韓国製、日本製と、ウィッグの人工毛は主に3種類。ディティールにこだわる方は、日本製のファイバーがおすすめです!ウィッグ特有のテカリを抑え、見た目は限りなく人毛に近い品質のファイバーが多いです。

ウィッグの選び方についての記事はこちら♪

-アレンジ, ウィッグに関するQ&A

Copyright© ウィッグ通販のインフォメーションサイト・minawig , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.